様々な作業

雨漏りにはいくつかの原因が考えられます。屋根は常に外気にさらされているので、時間の経過とともに劣化していきます。どのような材質の屋根でも経年変化という劣化は避けられません。また、目地や材料の継ぎ目が傷むことも多く、このような場所から水漏れ、雨漏りが発生します。雨漏りは、外から見ただけではわかりません。屋内に水が浸入して来て初めて気が付くのが怖いところです。そこに至るまでの間に、内部の腐食や消耗が進んでいる可能性があるからです。したがって、雨漏りを発見したら、出来るだけ早く雨漏り修理の依頼を行うべきです。雨漏り修理にはいろいろな作業がありますが、原因によって施行する雨漏り修理の方法や手順は異なります。まずは、専門の雨漏り修理業者に依頼することが重要です。

上でのべたように、雨漏りの原因を探ることと、目に見えない個所のダメージをよく調べる必要があります。雨の侵入箇所に適切な補修作業を行うことは当然必要ですが、場合によっては、雨漏り箇所や内部を交換する必要があるかもしれません。外壁にひびが入り、そこから水が浸入している、というケースでは単純ひびの部分にコーキングと呼ばれるテープを貼り、当面の雨の侵入を防ぐことはできます。しかし、これは根本的な解決ではありません。最終的には日々の補修が必要になります。また平面の屋上の場合には、防水工事が必要になります。雨漏り修理にかかる費用は作業内容によって大きく変わります。相場としてはコーキングで数千円程度、瓦(数枚)の補修や交換で5千円から1万円、防水工事なら1平米あたりの単価が数千円というあたりだと言われています。ただし、雨漏り修理は価格だけで選ばず、信頼できる業者を選ぶことが最も重要です。